民法改正

今年は、まだ現民法。

「解除」は債務者の責に帰すべき事由がなかったら、解除できない。

無催告解除も催告解除も。

改正後は、債務者に帰責事由がなくとも、解除は認めるようになります。