リフォーム

原状回復工事・リフォーム

◎原状回復について

賃貸物件の入居者の退去後には、原状回復が必要になります。
程度によりますが、おおむね20~30万円の原状回復費用がかかります。

具体的には。。。

  • クロスの張り替え
  • 畳替え
  • 壁、床の傷の修復
  • ハウスクリーニング

この中で最も費用負担がかかるのがクロスの張り替えです。
当社では特にクロスの張り替えと畳替えの費用の負担を抑える事ができるよう、オーナー様にご提案しています。

◎リフォーム工事について

賃貸物件の老朽化により、補修が難しく、空室期間が長くなるケースがあります。

この場合、水回り(ユニットバス、トイレ、キッチン)をリフォームするオーナー様がいらっしゃいます。
3点ユニットからトイレとお風呂を別にするのはオススメしますが、そうでない場合(トイレとお風呂が別々の場合)には費用負担が大きくなってしまいます。
そこでまずはユニットバスから変える「バスリメイク」をご提案しております。
浴室の浴槽をリメイクする。または、タイル床などを新しくする事で入居者募集に大きく役立ちます。

◎空室対策

賃貸物件のオーナー様にとって一番の悩みのタネは「空室」です。
しかしオーナー様自身でも、どのようにすれば良いのか?
また相談相手の管理会社ですら、具体的な対処方法が分かっておりません。
当社では、この空室問題に特に取り組んでおり、いくつかここでの解決法をお伝えしたいと思います。

まず空室の賃貸物件の募集を任せている不動産会社に以下の事を聞いてみてください。

「募集物件の問い合わせが他の不動産会社からあったとき、『自分のホームページやポータルサイトに掲載して良いですか?』と聞かれたらどのようにお応えしていますか?」

ここで、お断りをしているとしたら成約率が間違いなく半減していると思ってください。

何故、他社のHPや不動産ポータルサイトに掲載する事を断っているのでしょうか?
オーナー様は一日でも早く、物件を内見してもらい、入居者を決めたいと思っているのに、実はその障害をつくっているのが募集を依頼している不動産だったとは!

これは1つの例ですが、これだけではまだ足りません。

何が原因で成約しているのか?原因を知るのに一番良い方法は?

私たちは空室の解決方法は一遍通りの募集方法ではなく、「オーナー様と不動産会社とのコミュニケーションだと」考えております。

一緒に考えていく姿勢につきると思います。

当社では「ピンポイント」で長期間空室に悩まされているオーナー様のご相談を承っております。

「三ヶ月以内に必ず入居者を決める」
これを命題として空室問題に取り組んでいます。

ひとつひとつのお部屋を満室にしていくことが当社の使命だと自負しております。

◎定期清掃

アパート・マンションの共用部分をクリーンスタッフが定期的に巡回し清掃を行います。
共用部分をキレイにすることで建物の美観を維持し、ご入居の皆様に気持よく生活して頂くことはもちろん、防犯上の効果も期待できます。
当社では、ご要望をおうかがいし、お見積前に必ず現場調査を行います。お客様のアパート・マンションに最適な巡回清掃プランを作成しお見積致します。